読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

強迫性障害とわたし

強迫性障害を患っています。不潔恐怖、疫病恐怖、洗浄恐怖、HIV恐怖

HIVが怖い

私はHIVに対する恐怖からOCDになりました。

そもそもなぜHIVを異常に怖がるか。

現代の医学では完治できないからです。

治る病気なら良いんです。

HIVの感染経路は熟知しています。でも不安になります。

会話や咳やくしゃみでは感染しない。

そもそも感染確率がとても低い病気。

もしも危険行為をしていないのに感染したら。

今までいなかっただけで、

私が日常感染、とてもレアなケースで感染したら。

まわりは信じてくれるだろうか、

研究所とかで感染経路を調べてくれるのだろうか。

こわい、感染したくない。

 

でもその一方で、もしもHIVに感染したら

世界にHIVへの偏見をなくす活動をして新しい人生が開けるかも。

なんてお気楽な考えを持ってたりもします。

そのために最近英語を勉強している。

 

HIVを怖がるようになったのは去年の夏からです。

妊娠した友人が感染症の検査をしたという話を聞き

そういえば元彼はHIVを持っていなかっただろうか?と

不安になった事から始まりました。

保健所の無料検査を受に行きました。

結果は二週間後。待てませんでした。

HIVの事を調べるうちに感染しているんだという思い込みに

支配されてしまったのです。

友人に頼んで保健所の検査を受けた4日後に一緒に即日検査を

受けました。結果は陰性。涙が止まりませんでした。