読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

強迫性障害とわたし

強迫性障害を患っています。不潔恐怖、疫病恐怖、洗浄恐怖、HIV恐怖

振り返り

ひどくなってからの症状・行動を振り返ってみました。

 

2016年

1月

ヘルペス2型に感染してるのではないかと思い血液検査をする。

家族に感染させてしまうのではないかと不安になり

お風呂の湯舟のお湯は追い炊きされる前に全部捨て入れ替える

バスタオルは絶対に共有させない

パンツをほぼ使い捨て状態にしていた。

 

2月~4月

乳がんが怖くなる

危険因子に多く当てはまるから不安になる

胃が痛く感じる、胃がんなんじゃないかと不安になる

昔からあるホクロがメラノーマなんじゃないかと不安になる

 

5月

スキルス胃がんの事をひたすら調べる

胃カメラをのんだ、検査結果は異常なしと言われたが

信用できなくて他の医療機関を探す。

胃カメラ前の血液検査でアミラーゼ値が少し高かった

膵臓がんであると思い込んでCTスキャンなど受ける

尿検査で潜血があり膀胱炎と診断される

膀胱がんであるかもしれないから泌尿器科を受診しエコーを受ける

 

6月

乳がんがやはり気になるから乳腺外科で触診とエコーを受けた

子宮頸がんが気になり婦人科で検査する

この頃からHIVが異常に怖くなる