読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

強迫性障害とわたし

強迫性障害を患っています。不潔恐怖、疫病恐怖、洗浄恐怖、HIV恐怖

確認行為の悪化と婦人科

昨日は婦人科で子宮頸がんの精密検査の日でした。

今回の記事は人によっては不快感があるかもしれません。

お食事前などにはご注意ください。。。

 

---------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

精密検査はコルポ診というものでした。

内容とかはまた検査の結果によっては詳しく書くとして。

あ、そんなに痛くはなかったです。

 

①内診台に座る前に着替えるスペースがあるんですが

 ゴミ箱がありました。昨日はショルダーバックだったので

 紐部分がゴミ箱に少し触れてしまったんです。

 ゴミ箱の中には使用済みのティッシュが沢山捨ててありました。

 紐があたった部分に何かのウイルスが付着していたら…。

 家に帰って除菌シートで何回も拭きました。

 

②これが一番の問題でした。

 止血のためにガーゼを入れてもらったんですが

 時間が経ったら自分で抜かないといけなかったんです、

 抜いたんですが、ちゃんと抜いたか自信が持てず

 何回もゴミ箱を目視しました、それでも確認行為がやめられず

 スマホのカメラで写真を何枚撮ってしまいました。

 今日の朝から撮った写真を見て安心をしようとしていますが

 なかなか「大丈夫」とは思えません。

 

③電車内で立っていたんですが、後ろに立っていた男子大学生のカバン

 足にあたって、そのカバンがとても汚れていたので

 タイツ越しに汚れが私の足にうつってないか・・・。

 

検査結果も不安ですが

何かと神経質になってしまう事が多くて

疲れてしまう一日でした。

 

検査結果、なにもありませんように!