読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

強迫性障害とわたし

強迫性障害を患っています。不潔恐怖、疫病恐怖、洗浄恐怖、HIV恐怖

どんな病気か。私の性格

強迫性障害(OCD)とは

自分でもコントロールできない不快な考えが浮かび

それを振り払おうと様々な行為、儀式を繰り返してしまい

日常に支障をきたしてしまい、日常生活がままならなくなって

しまう不安障害です。

パニック障害鬱病よりも知られている病気ではありません。

全人口の2%が罹患されているそうです。

きっと潜在的な罹患を合わせるともっといると思います。

 

 

私は元から神経質、心配性、不安が強い、そんな性格でした。

中学生の頃から夜眠る前には家の鍵がかかっているかを

何回も確認し、外出時にはお財布がカバンに入っているかを

事あるごとに確認する。私にとってはそれが普通でした。

そして物事を悪いほう悪いほうに考えてしまう癖があります。

でもその一方で大ざっぱな面もあります。

今ではその大ざっぱな部分がなくなってしまったようです。

抜け出せるように頑張ります。

楽しく生きていきたいから。